埼玉で羽毛布団クリーニング、羽毛布団(ふとん)の打ち直しはふとんが大好きな布団屋さんの馬場寝具店まで

a

敷ふとんの選び方

「いらっしゃいませー!」

「私、腰痛なのですがおすすめの敷ふとんありますか?」

そうですか、腰痛は辛いですね。
「腰痛に良い」とうたっている寝具はとても多いですが、敷ふとんを変える
ことで腰痛が治ることは難しいですね。でも正しい寝姿勢は腰痛改善につ
ながります。その正しい寝姿勢を保つために、敷ふとんの役目で何が大
切かわかりますか?

クッション性ですか?

そうです、クッション。「支持性」と言います。

敷ふとんはあなたをこのくらいの割合で受け止めています。

硬すぎると姿勢は良いですが
重たい「腰」や「肩」がしびれてしまいますね。

逆に柔らかすぎると逆に「腰」が沈み込み寝姿勢は悪くなりますね。

どちらも腰に良くないです。

理想的な硬さは・・・
私たちのからだは筋肉で守られています。
だから敷ふとんも「人の筋肉位の硬さ」がベストですね。
筋肉の硬さって・・・? わかりますよ。
腕を曲げて、二の腕の下をモミモミしてください。

 へー、この弾力ですね。

あと、もう一つ「敷ふとん選び」で大事な項目があるのですがわかります?

            ・・・?

「汗を吸うこと」です。

                       あー知っています。
 寝ている時に「コップ1杯分の汗をかく」と言いますよね。

ですね。なんたって人のからだは60%~70%が水分ですから。
つまり、敷ふとんの最も大切な役割は
あなたを支える「支持性」
あなたの汗を吸う「吸収性」
の2つです。


あと、その汗を発散してくれる素材だと
なお良いです。

       どうしてですか。

汗を吸いっぱなしだと、コップの水があふれてしまうように、敷ふとんも汗
で満タンになってしまいますからね。

そうなると夏はジメジメ湿っぽく、冬はゾクゾク寒いふとんになってしまい
ます。敷ふとんを干せる方は良いのですが、日中お仕事をしていたり、
干せる場所がなかったり、年配の方でふとんを持ち上げられなかったり、
干せない方も多いですから。

   じゃあ、エアコンのような機能があると良いですね。

・・・すごい発想ですね(笑)
それでは私たちのおすすめしている敷ふとんを紹介しましょう。

まずは何といっても「木綿の敷ふとん」
ふとん屋ですからね


「体を支える」⇒ 70点
綿は繊維が細く短いので、何層にも綿を重ねることによって体重を支え
ます。

「汗を吸う」⇒ 100点
肌着は綿100%が気持ちいいですね。

「その汗を逃がす」⇒ 50点(弱点!)
綿は干すととっても気持ちいいです。干すことのできる方にはおすすめ!
干せない方はふとん乾燥機で!

干した時の太陽の香りは、
他の繊維では味わえないですよ。

その次に、「らくだの敷ふとん」

「体を支える」⇒ 95点

束ねたらくだの繊維は、人の筋肉のように
ちょうどよい硬さです。寝返りがとてもしやすいです。


「汗を吸う」⇒ 90点
綿に匹敵する吸収力です。

「その汗を逃がす」⇒ 95点
羊毛も素晴らしいですがその羊毛の2倍の速さで汗を逃がします。

フラットなので冬のポカポカ~ぬくぬく~感がないでしょうか。(弱点)

次は「羊毛ふとん」

「体を支える」⇒ 70点(弱点)

最初はしっかりしていますが徐々に真ん中が沈んできます。
定期的のクリーニングで改善されますよ。

木綿のふとんと違って干さなくても冬はポカポカ~
ぬくぬく~が良いですね


「汗を吸う」⇒ 90点
こちらも綿に匹敵する吸収力です。

「その汗を逃がす」⇒ 95点
綿より優れていますがらくだより劣ります。

そうなると腰痛の私には「らくだの敷ふとん」がおすすめということですか?

こういう結果を見ると、らくだの敷ふとんが良いように見えますが、必ずし
もそうではありません。使い方によってはらくだの敷ふとんより他のもの
が良いかもしれません。まずは横になって寝転がって下さい。
自分で実感してください。

              じゃあ試し寝させてもらいまーす。

ご参考まで、厚さはそれぞれこのように違います。

当店おすすめの敷ふとんはそれぞれに特徴があります。 ぜひ当店にいらしてごろりと寝転んでください。 そして、ご自分にぴったりの敷ふとんを選んで下さい 。私達に手伝わせてください。お待ちしております。









このページのトップへ

 

埼玉、さいたま市のふとんが大好きな布団屋、馬場寝具店。羽毛布団、ふとんのクリーニング、打ち直しはお任せ下さい。

埼玉の布団屋さんTOP布団への想い布団クリーニング商品案内お客様の声会社案内お問い合わせふとんの無料お試し1週間サイトマッププライバシーポリシー羽毛ふとんの選び方ふとんはやっぱリ天然素材敷ふとんの選び方枕の選び方まだまだあります!ふとん講座ブログ