埼玉で羽毛布団クリーニング、羽毛布団(ふとん)の打ち直しはふとんが大好きな布団屋さんの馬場寝具店まで

a

羽毛ふとんの選び方

私達は、これまでにもたくさんの敷ふとんを見てきた中で、イワタというメーカーの「キャメル敷パッド」をおススメしております。
親しみやすいようにあえて「らくだの敷ふとんと言っているのですが、私たちがこの敷ふとんをおススメするポイントはこの3つ!!

それでは、各項目について説明させていただきます。

まずはその1、「硬さがちょうどいい」ですが、敷ふとんの理想的な硬さは「人の筋肉」くらいといわれています。
硬すぎず柔らかすぎずってことです。らくだの敷ふとんの中身のらくだの毛は人間の大人の髪の毛位の太さの「ヘアー」と赤ちゃんの髪の毛のような柔らかい「ウール」を50%ずつブレンドして出来ています。

クッション性はまさに「人の筋肉」。
ちょっとオーバーかもしれませんが、しっかりとした支持性があります。綿のふとんみたいにペッタンコすぎないし、羊毛ふとんのように体が沈み込む感じがありません。また意外と気が付かないんですが、「寝返りがとっても楽チン」なんです。
人は一晩に寝返りは20~30回すると言われています。柔らかすぎると体がもぐってしまうので、寝返りするのに体力を使ってしまいます。
体を休める時間ですから出来るだけ疲れない方がもちろんいいですよね。
硬すぎは寝返りはしやすいですが、体が痛くなっちゃいますよね。何よりしびれちゃいます。らくだの敷ふとんに寝ると、お尻から腰、背中にかけてがとっても気持ちいいですよ。

らくだの敷ふとん

らくだの敷ふとん

羊毛敷ふとん

羊毛敷ふとん

 

次に、「いつも乾いている」なのですが、とにかく発散性抜群です。(寝たときの汗を吸って吐き出す力がすごいです)私が特に実感するときがあります。
私達はふとんのクリーニングもやっていますが、乾きが一番早いのは「らくだの敷ふとん」です。
羊毛敷ふとんの2倍とまではいかないと思いますが、乾く早さに驚きます。逆に一番遅いのは「綿の敷ふとん」。まーーこれはなかなか乾きません。
使っていて実感するのは、冬の寒い時や、梅雨時です。「綿の敷ふとん」と比べるのが一番良くわかります。

「らくだの敷ふとん」寝たときかいた汗を吸って吐いてくれるからいつも乾いているんです。「綿の敷ふとん」は寝たときの汗は吸ってくれるけど、日に干さないと吐き出せないんです。
もちろん「らくだの敷ふとん」も干したほうがより気持ちいいですよ。(干し過ぎは注意です)

「とってもきれい」ですが、らくだの毛は(そもそもらくだはお風呂に入ってシャンプーしませんね)最初とても汚れています。
日本に来る前に現地でしっかり洗いますがすごくきれいとまではいきません。文化の違いもありますがモンゴルは日本ほど清潔ではありません。ですから来てすぐにふとんにすると少々匂いや汚れが残ります。使って何も感じない方もいますが、アレルギーなど敏感な方にはちょっとお勧めできません。
きれいにすることは簡単です。強い洗剤で洗えば汚れはすぐに落ちます。でも同時に繊維の耐久性を保つ油脂分まで落としてしまいます。
そうなるとカサカサの毛になってしまいます。シャンプーした後の髪の毛みたいです。(それ以上かな)



そこで登場するのがイワタの世界に誇る技術「イオゾンα2処理」です。
汚れの多くは人と一緒の「フケ」や「アカ」。静電気を除去して「フケ」「アカ」をきれいに落とす技術です。汚れの99%を取り除きます。臭いも残りませんし、アレルギーをお持ちの敏感な方も安心して使えます。
よくアトピー、ぜんそくの方は「動物の繊維は良くない」と言われますが違いますからね。動物の繊維ではなくその繊維に付着している「フケ」「アカ」が良くないんですからね。アレルギー物質は水に溶けるものだけですよ。
羊毛敷ふとん イワタのクオリティーは世界特許として認められています。

 

イオゾンα2処理前

イオゾンα2処理前

イオゾンα2処理済

イオゾンα2処理済

 







他各種サイズあります。ロングサイズなどもお問い合わせください。

ぜひ無料体験ご利用いただき、ご自宅にて実際にお試しください。
使って気に入らなければもちろん買う必要はありません。

でも・・・気に入ったら買ってくださいね。

 

 

このページのトップへ

 

埼玉、さいたま市のふとんが大好きな布団屋、馬場寝具店。羽毛布団、ふとんのクリーニング、打ち直しはお任せ下さい。

埼玉の布団屋さんTOP布団への想い布団クリーニング商品案内お客様の声会社案内お問い合わせふとんの無料お試し1週間サイトマッププライバシーポリシー羽毛ふとんの選び方ふとんはやっぱリ天然素材敷ふとんの選び方枕の選び方まだまだあります!ふとん講座ブログ